ファンタジーヒューマンドラマ「明日」(韓国ドラマ)2話のあらすじネタバレ&感想考察!落花2

明日第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

キム・ロウンのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』キムロウン(SF9)の公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

キム・ヒソンのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』キムヒソンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

明日第2話のあらすじネタバレ!

ウンビの記憶の中に入ったジュヌンはへウォンを見つけ、声をかけようとするとリョンに止められ「人に触れたりして気づかれたら記憶の中に閉じ込められる」と警告されます。

そして、ウンビを見つけるといじめられている姿が。

その壮絶ないじめを見ていたジュヌンは我慢できなくなりそうになるものの、リュンに「触るなと言ったでしょ。記憶に閉じ込められる」と止められます。

しかし、ジュヌンは我慢の限界に達すると、思わずウンビを庇ってしまいます。

すると、記憶が歪み始めます。それに気づいたリョンは「急いで出るわよ。入ってきた場所へ」とジュヌンを連れて走り出します。

正面から歪みが向かってくると、ジュヌンは「ドアがありません。どうすれば?」と質問を。

リョンは「鍵穴のあるドアを探して」と言うと、次々と記憶をたどりながら、鍵穴のあるドアを辿っていきます。

そしてなんとか記憶の中から抜け出します。

なんとか生還したリョンは「余計なことを」と怒ると、ジュヌンは「死にそうな人を放っておけません」と。リョンは「あれは記憶よ」と説明すると「そうと分かっていても、咄嗟に体が動いて。すみません」と謝罪を受けます。

リョンは「キーを」と鍵を返してもらうと、なぜかキーは折れてしまっていたのでした。

その頃、へウォンは友人たちからウンビが過去にいじめていた人だと聞かされます。

リョンは「影があるのは過去に囚われてるせいね。馬鹿みたいに今も引きずってる」と考え込んでいると、ジュヌンは「あんなことされたら忘れられませんよ。最低な女がチヤホヤされてるとは。加害者があんな漫画を描けるか?」と怒りをあらわに。

リョンは「やった方は覚えてないことが多いの」と言うものの、ジュヌンは「明日、ノさんは取材できますかね?」と心配すると、そこにリュングが戻ってきます。

リョンは「今日も見つからなかった?」と聞き、「はい」と答えられると「仕事しましょう」と言い、仕事に。

翌日、ウンビはへウォンにトイレで会うと「あんたがあのウンビ?暗い顔しないでよ、私がいじめてるみたい」と言われてしまいます。

ウンビは「あなたには一瞬だったかもしれない。でも私は今でも消せない、あの傷を」と言い返すものの、へウォンに「偉くなったわね。目も合わせられなかったのに。ふざけないで、昔みたいに黙ってりゃいいの」と言い返されると、その場に崩れ落ちてしまいます。

その後、インタビュー場所に戻ってきたへウォンはウンビを捕まえると「実は私たち同級生だったんです。子供だったから喧嘩もしたけど、もう気にしてないわよね」とジュヌンたちに話を。

そしてインタビューがスタートすると、へウォンはウンビがトラウマになっているボールペンのクリック音をしつこく鳴らします。

我慢の限界に達したジュヌンはボールペンを取り上げると「耳がいいもので気に障るんです」と止めます。

インタビュー後、リョンは「また割って入った」と指摘すると、ジュヌンは「見て見ぬふりをしろと?ノさんは音に耐えられないのに」と主張を。

しかし、リュングには「自殺を防ぐことに集中してください」と言われ、さらにリョンからも「加害者を罰するのが目的じゃない」と。

そしてリュングから「おかげでチームは絶望的だ。あなたがキーを壊したので、もう記憶の中に入れません」と言われてしまいます。

その夜、ウンビは上司に「放送をやめられませんか?キムさんをテレビに出しちゃダメです。私をずっといじめてました」と訴えるものの「それは聞いたよ、子供の頃のことだろ。過ぎたことを持ち出すな。スタッフなら責任を持て。人のせいにするな、君にも問題があったんだろ」と言われ、電話を切られてしまいます。

すると、後ろからへウォンが現れ「途中で切っていいの?もっとチクれば?今度は誰か助けてくれそう?あんたにも問題があると言った?」と詰め寄ります。

ウンビは動悸をおこし、膝をついてしまうと、へウォンは「世の中は変わらない。学校に通ってた頃も、社会に出ても。グズのあんたに味方なんていないの。だから笑いなさい」とさらに詰め寄ります。

我慢できなくなったウンビは「もうやめて」と突き飛ばして、外へ。

ジュヌンたちは、ウンビが階段の方へ走っていくのを目撃します。

ジュヌンはウンビを止めに走ります。

リュングに「深刻な状態です。どうします?」と言われたリョンも「止めなきゃ」と。

ジュヌンは屋上に出るドアの前でウンビを「行っちゃダメだ。こんなの間違ってる。被害者が苦しむなんておかしいです。行かないでください。俺が力になります」と訴えるものの「嘘よ。巻き添えになるのが嫌で誰も助けてくれない。昔も今も何一つ変わってないのよ。終わりが見えないトンネルみたい」と言うと、ウンビはドアを開けます。

すると、そこにはリョンとリュングが。

リョンは「だから屋上から飛び降りることにした?それが最善の選択?だったら死になさい。他に答えがないなら死ねばいい。死ぬと決めて来たんでしょ?怖気ついたの?それとも分かってほしくて泣き言を?」と告げると、ウンビは「そんなふうに見えますか」と言い返します。

そのリョンの言葉にジュヌンは「ふざけてるん。なんの真似ですか?」と怒るものの「つまみ出して」と指示されたリュングによって屋上から出されてしまいます。

ジュヌンは「人助けが仕事だろ。追い詰めてどうする?いっそのこと死なせてやれよ」と訴えるものの「チーム長に任せましょう」と言われ、話を聞いてもらえず。

リョンは「全部忘れるか、無理なら克服すればいい。死んだら終わるとでも?」と聞くと、ウンビに「少なくとも今よりは楽になるはずです」と答えられ「そうね。あなたの自由よ」と告げると、ウンビは屋上のフェンスに向かって歩き出します。

リョンは「乗り越えようと努力して。ダメでもやるの。打ち勝とうとした?弱過ぎて戦う勇気も意志もない。甘く見られるからいじめの対象になる。存在自体が迷惑なの」と訴えるものの、ウンビは止まろうとせず。

その言葉を聞いていたジュヌンは「あれで助けられますか?新しいチームだとか」と訴えるものの、リュングに「最善を尽くしてます」と言われると「自信は?あの方法が正しいと?」と言い、1人階段を降ってきます。

屋上の淵に立ったウンビは「私にどうしたらいいと?何も知らないのに指図しないで。どん底から抜け出して幸せになろうと、どんなみもがき苦しんだか。私は笑うのにも抵抗がある。心から笑いたくて自分なりの頑張ってきた。どんな思いだったか、あなたにわかる?だけど、ダメだった」と訴えると、リョンは「もう一度聞くけど、命を絶てば全て終わると思う?」と聞きます。

すると、ウンビは「生きていたい。私だって生きていきたい。死にたくない。こんなふうに死にたくない」と胸の内を。

その言葉にリョンは「さっき私が言ったことを思い出して。誰の言葉かしら。毎晩自分に言い聞かせてた言葉では?」と声をかけると、ウンビは驚き「なぜそれを。あなたは何者?」と質問を。

リョンは「あなたを助けにきた。違うわね、死神よ」と答えると、ウンビは驚いてしまい、屋上から落ちて行ってしまいます。

リョンは瞬間移動でウンビを受け止めると、そのまま地面に着地します。

そして「落ちてみてどうだった?あなたは悪くない。悪いのは苦しめたあいつらでしょ。そろそろ立ち上がりなさい。不幸を避けてても幸せにはなれない。助けられるのは自分だけよ。だから見下されないようにしっかりしなさい」と声をかけ、下で待っていたリュングの元へ。

しかし、まだウンビのネガティブ度は50%を超えており、リュングから「まだ数値が高い。安心できません。失敗したらチームは解散に?」と聞かされてしまいます。

すると、そこにウンビが高校時代に好きだったコメディアンを連れてきたジュヌンが。

そのコメディアンを見てウンビは笑顔を取り戻すと、ジュヌンは「笑って。あの時みたいに。持ち堪えてくれてありがとう。諦めなかった」と抱き締めます。

すると、ネガティブ度は一気に下がります。

それを見たリョンは「彼女は2度と自殺しようとしないはずよ」と。

仕事を終えたジュヌンは「でも、もし失敗してたら彼女はどうなってたんですか?」と聞くと、リュングから「地獄で後悔の道を歩んでたでしょう。残された人々の泣き声を聞きながら」と聞かされます。

その言葉にジュヌンは「悪いこともしてないのに、罰せられるんですか?」と聞くと、リョンは「罰じゃなくて、選択の代償を支払うの。生きることを恐れて死を選ぶなら、後悔の道を歩ませる。2人は帰って」と伝え、1人別の場所へ。

ジュヌンは「チーム長はどこに?」と聞くと、リュングから「いよいよ本業に取り掛かります」と聞かされます。

へウォンの元に向かったリョンは「これが最後のチャンスよ。ウンビに謝りなさい」と告げるものの「ムカつくわね。今更困るんですけど」と言われると、「チャンスを逃したのはあんただからね。人を死ぬほど苦しめても冗談で済ませる、でもやられた方は地獄なの」と言い、へウォンの首を締め始めます。

「死んじゃう」と言われると、リョンは「耐えろ。ウンビの苦しみの半分にもならない」と告げ、へウォンを壁に投げつけます。

すると、へウォンはウンビへのいじめを、自ら擬似体験させられます。

そして、急に場所が変わると、屋上の縁で今にも落ちそうに。

へウォンは「ごめんなさい、この通りです」と謝ると、記憶の外へ。

へウォンはリョンに「ごめんなさい。2度としません。助けてください」と縋り着くものの「たった数分で音をあげたの?ウンビは毎日耐え抜いて命を絶とうとした」と言われると、テレビのニュースが。

そこでは「へウォンさんがいじめの加害者だったことが明らかになりました」とニュースが流れます。

リョンは「一斉に非難されるわね。あんたの魂は踏み躙られるけど、生きてた方がマシよ。地獄はもっとおぞましいところだから」と告げると、へウォンは泣き崩れます。

さらにリョンはへウォンの友人たちにも同じ思いを。

その後、あの世に戻ると、リョンは会長に「なぜですか?チームを解散すると突然脅しをかけた」と質問を。

「早くあの人に会わせるためよ。あなたが本当に助けるべき人」と答えられ、リョンは「いつ会えるんですか?実在しますよね?」と聞くと「いつか必ず会えるし、そうすれば望みが叶う」と言われます。

そして会長から「彼はどう?意外とよくやったようね」と言われ、リョンは「出来は悪くありません」と答えると「一緒にやれば?」と提案されるものの「それはできません」と断ります。

その後、会長はジュヌンに「まだ決められない?」と聞くと、ジュヌンは「決めました」と答え、映像管理チームへ。

楽しく仕事をしていたものの、休憩中、先輩たちが「危機管理チームは陰気なチームだったろ。自殺する人間ばかり関わるんだからな。自殺する人って意思が弱いの?辛いのは自分だけだと思ってるようだけど。きっと打たれ弱いのよ。そう思っただろ」と話しているのを聞いたジュヌンは思わず「違います。平凡な毎日を笑顔で過ごしたい人たちです。死にたいんじゃなく、今の生き方が嫌なだけです。だから何も知らないくせに勝手なこと言わないでください」と怒鳴りつけてしまいます。

その頃、リョンは自らの過去を思い返します。

地獄にいたリョンの元に会長が現れ「助けてくれ、出してくれとでも言うと思った。でも私の元を訪れなかったわね」と言われたリョンは「だったらここから出して」と言うものの「もういい。後悔も憎しみもない者に地獄は意味がない。ここに来た時、私に頼み事をしただろう。聞いてやる。その代わり走馬灯で働くのだ。その時が来たら助けるべき者が必ず現れる。その者の死を食い止めよ。望むものを手に入れたいのなら。決めるのはお前だ」と言われます。

リョンは「その者とは?」と聞くと「自ら命を絶つものだ。命をの大切さを見失った哀れな者を助けよ」と言われ「わかりました」と返事を。

その後、会議が行われるとリョンはチームでジュヌンを引き受けることに。

会議後、リョンはジュンギルから「あの日、気付くべきだった。自殺者を引導する時以外、顔を合わせたくない。不愉快だ」と言われます。

明日第2話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

明日第2話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

明日第2話の感想と考察

ジュヌンは正義感が強すぎるあまり、リョンに警告されていたものの、ウンビを助けに入ってしまったのでした。なんとか記憶の中から脱出するものの、ジュヌンはへウォンに怒りを燃やしてしまいます。

その後、ついに追い詰められてしまったウンビは自殺しようと。リョンは厳しい言葉をかけて止めようとするものの、ジュヌンはそのやり方に明らかに怒っていました。リョンは厳しい言葉をかけることでウンビの心の中にある強さを引き出そうとしていたのだと思いますが、ジュヌンは被害者にかける言葉としては厳しすぎると考えていたようでした。

それでも、その言葉のおかげでウンビは一時的に踏みとどまることができたのでした。記憶の中で聞いていた言葉を覚えていて、その言葉をかけるのは見事でした。

しかし、ウンビはネガティブ度はあまり下がらず危険な状態のままだったのでした。それを救ったのはジュヌンだったのでした。

ジュヌンがウンビの好きだったコメディアンを連れて来たことで、一気に自殺の危険性はなくなったのでした。ジュヌンは心を癒してあげようと考え、動いた結果、いい結果が出たのでした。ジュヌンの親身になって人を救おうとする気持ちと優しさが生んだ結果でした。

ある意味、ジュヌンとリョンはいいチームになりそうな感じがしました。

実際、リョンがジュヌンをチームで引き受けることを決めたのを見ると、リョンもそれを感じ取っているのでは?と感じました。

一方で、リョンやリュングの過去に謎が残りました。

リョンは地獄にいたところを会長から直接、走馬灯で働くようにスカウトされていたようでしたが、なぜ地獄にいたリョンに声をかけたのでしょう。リョンは地獄にいても「後悔も憎しみもなかった」と言われていましたが、なぜリョンは地獄に行くことになったのか。気になります。

そしてリュングも時間通りに退勤した後、何かを探しに行っていたようでした。一体、彼は何を探しているのでしょう。

改めて危機管理チームに入ることになったジュヌンがこれからどう活躍していくのか注目です。

まとめ

以上、明日第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「明日」のキャスト一覧はこちらをチェック!

明日(韓国ドラマ)のキャスト一覧(画像付き)!

イ・スヒョクのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』イスヒョクの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。