ファンタジーヒューマンドラマ「明日」(韓国ドラマ)7話のあらすじネタバレ&感想考察!鉄格子のない牢獄

明日第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

キム・ロウンの詳しいプロフィールはこちら!

キムロウン,インスタ,彼女,身長,年齢,wiki,プロフィールキムロウンのインスタや彼女はいる?身長や年齢等のwikiプロフィール!

キム・ロウンのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』キムロウン(SF9)の公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

キム・ヒソンのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』キムヒソンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

明日第7話のあらすじネタバレ!

走馬灯全体でこの世のウイルスに感染してしまい、システムが使えない状態に。

危機管理チームに新たな自殺危険者の情報が流れてくるものの会社名と4月生まれというデータしか拾えず。

それでもリョンたちはその化粧品会社へ向かうことに。

会社へ着いた3人は「思ったより大きな会社だ」と驚きます。

走馬灯に戻ると、リョンは会長の元へ「3人では自殺予定者を探せません」と。

しかし「他の部署も大変なの。ウイルスのせいで走馬灯は深刻な状況よ」と言われ「どうしろと?」と聞き返すと「危機を機会に変えられる人もいるわ。パクチーム長が言ってた。励まされて考え直すくらいなら、なぜ簡単に死を選ぶのかと。あなたが証明してあげて。人を救うのは超能力ではなく、言葉の重みだと」と言われます。

その後、事務所に戻るとリュングは「走馬灯の支援なしに偽装就職は無理です」と頭を抱えるものの、ジュヌンは「それなんですが、バイトとして入れば?SPビューティーでバイトを募集してます」と提案し、面接へ。

3人はなんとかバイトとして雇ってもらえることに。

3人はすぐにシン・イェナ代理を紹介されます。

「皆彼女くらい有能ならなんの心配もいらないんだが」と言われると、イェナは忙しいからとチョン・ボラムを紹介します。

3人はボラムから仕事の指示を受けると、それぞれデスクに。

社員たちの様子を伺うものの、自殺しそうな人はおらず。

リュングは「社内ネットワークで4月生まれを探します」とチーム長のマンシクのパソコンに入り込むことに。

しかし、そこにマンシクが戻ってきてしまいます。

リュングは危機一髪のところで身を隠すものの、それを見ていたリョンはジュヌンに「よく聞いて、バレたら見捨てる」と伝えます。

そしてリョンはトイレに行くと嘔吐する声が。

トイレから出てきたイェナに「大丈夫ですか?」と声をかけると「ただの胃もたれなので大丈夫です。どんな運動やダイエットを?」と聞かれ、リョンは「太らない体質です」と伝えると「羨ましいわ」と言われます。

リョンは「代理も十分痩せてますが」と言い返すと「ありがとう」と。

その後、なんとか脱出してきたリュングにリョンは「それで4月生まれは?」と聞くと「ボラム、ヨンジュン、イェナ、ドンジャの4人です」と聞かされます。

ジュヌンは「ドンジャとは?」と聞くと、そこにドンジャが出勤してきます。

ドンジャは出勤するなり、マンシクに「今出勤か?来なくてよかったのに。だから働く母親はダメなんだ。出産したなら家で子育てをしては?なぜ会社に出てきて迷惑をかけるんだ」といびられてしまいます。

ドンジャは仕事へ取り掛かろうとするものの、娘から電話が。

何度も電話がかかってくると、ドンジャは仕方なく娘の待っているキッズカフェに。

リョンはその後をつけることに。

ドンジャは夫に電話するものの「いつくるのよ。休暇をとってと頼んだのに。それでも父親?」と喧嘩に。

さらに娘に「1人で待ちたくない」と泣かれてしまうと、リョンは「私が見ます。早く会議へ」と割って入ります。

その頃、ジュヌンとリュングはヨンジュンから「どちらか力の強い方が倉庫へ」と声をかけられると、お互いに自分の方が筋肉があると張り合います。

結局、腕相撲をすることになり、リュングが圧勝すると倉庫へ。

1人残されたジュヌンはボラムを尾行することに。

カフェに向かうと、ボラムが高校生から「あれだから太るんだ」と馬鹿にされているのを目撃します。

すると、ネガティブ度が上昇してしまいます。

その後、昼食を食べていると、マンシクが現れ「少しは自己管理をしろ」とボラムにケチをつけ始めます。

聞き兼ねたジュヌンは「自己管理とは無関係です。体型とは関係ありません。自己管理できない人に限って、自己管理にかこつけて人を批判する」と言い返すものの、さらに「バイトごときが俺に説教か?最近の若い奴らは礼儀がなってない。俺が若い頃は上司に言われたら、はい、と従ったものだ」と言い返されてしまいます。

その後、走馬灯に戻った3人はお互いに報告し合います。

「ヨンジュンは?」と聞かれたリュングは「僕は契約社員です。働くなら大企業がいいと言われてますが、社内でも格差があります。家賃に生活費、教育ローンの返済。週末に出前を取ったら何も残りません。努力で解決するかな。脱出しよう。大学の同期に誘われました。出資を受けたから来いと。最初は大変だけど、夢があります。大成功するかもしれませんよね?」と聞かされたことを話し、「未来を考えてました。自殺予定者には見えません」と。

「ドンジャは?」と聞かれたリョンは、娘から「ママはかっこいい。みんなを素敵にしてあげる人なの。私が大きくなった時に使えるようにママは商品を作ってるんだって」と言われ、「謝らないで。会社も子供もあなたが悪いと思ってしまう。あなたはよくやってる」と励ましていたのでした。

そして「両立は大変だけど、仕事も子育ても楽しんでる」と報告を。

最後にジュヌンは「恐らくボラムさんです。ネガティブ度も上がった。ハムチーム長の暴言が原因かと」と話します。

それを聞いたリョンは「イェナは?」と聞くものの、リュングは「彼女は違うでしょ。みんなの羨望の的です。昇進も早いですしね」と否定を。

それでもリョンは「まだ確信はできない」と。

そんな間にもネガティブ度も上がり続けます。

翌日、会社に出勤すると「行事の記念品に問題が。ボラムさんは15時に頼んだのに、業者が5時と間違えたんです」と聞かされます。

マンシクは「謝って済む問題じゃない。記念品もない行事にする気か?食ってばかりいるからだ。こうなると思ってたよ」といびります。

イェナは「記念品はどこまで進んでる?」と確認し「異物混入検査中です。工場も頑張ってますが、包装が間に合わないと」と報告を受けると、ボラムは「包装を手伝ってきます」と。

ジュヌンたちも手伝うことに。

そしてモールに着くと、係員から「記念品の遅れはアナウンスしましたが、モデルは帰ってしまいました」と言われ、さらにメイクの先生からも「もう待てないわ。どうする?」と言われます。

ボラムは「私がやります」というものの「だめよ、彼女ならいいわ」とリョンは指を指されると「タダではお断りです。夕食を」と言い、引き受けることに。

イベント後、食事に。

ステーキを食べに行くものの、イェナは全然手をつけず。

走馬灯に戻ったリョンは「自殺予定者は彼女だと思う」とイェナの名前を。

リュングは「イェナさんだと断定する理由は?」と聞くと「変だと思わなかった?全然食べてない。切り刻みながら話ばかりしてた。質問ばかりしてた。ただおいしいと言って、フォークを置いた。食べたのはマッシュルームだけ。実は彼女の手の傷が気になってたの。ほとんど食べてないのに、指を突っ込んで吐いてたわ。習慣になってるのね。手の傷もそのせいだわ」と聞かされます。

ジュヌンは「痩せることに執着を?なぜだろう」と話すと「彼女に聞くしかないわ」と言われます。

翌日、マンシクは「会食をしよう。逃げるなよ」と。

その後、ボラムは「行事で忙しかったでしょ。食べてないようで心配です」とイェナにお菓子を渡そうとします。

「大丈夫よ」と断られても「糖分補給としてどうぞ」と渡すと、イェナは突如「そんな体で恥ずかしくないの?食べるから貶されるのよ。どうしてなの?なぜ好きなだけ食べるわけ?自分を抑えられない?」と発狂し始めます。

その言葉にボラムは「出しゃばってすみません」と謝るしかできず。

その後もネガティブ度が上がり続けるイェナを見てリョンは「彼女に何か起こるとしたら多分今日よ」と告げます。

その夜、会食へ。

マンシクから「飲まないならなぜ来たんだ」と言われたイェナは「胃の調子が悪くて」と答えると「だから太れないんだ。痩せすぎの女は魅力がない」と言われてしまいます。

ジュヌンは起点を利かせ、マンシクの席を外させるとボラムは「大丈夫ですか?顔色が悪いです」とイェナの心配を。

さらに他の社員からも「最近さらに痩せましたね」と言われると、イェナは「やめて。もういい加減にして」と店を飛び出して行ってしまいます。

ジュヌンたちはすぐに後を追いかけることに。

システムが復旧し、ジュヌンはすぐにイェナを見つけるものの、イェナはタクシーに乗ってどこかへ行ってしまいます。

家に帰ったイェナは部屋にガスを充満させ、自殺しようと。

ジュヌンは追いつき、イェナを助け出すと病院へ連れて行くことに。

病院で目を覚ましたイェナに「なぜ私を助けたの?」と聞かれたジュヌンは「なぜ死のうとしたんですか?そんなに苦しむ理由はなんですか?」と聞き返すと「わからないの。なぜこんな生き方をするのか」と言われます。

それにジュヌンは「なぜ痩せることに執着を?食べたら吐くと聞いて」とさらに聞くと「執着?普通の人にはわからないわ」と言われ、思わず「代理は平均よりも痩せてるのに」と言うと、イェナは「昔は太ってました。高校生の頃まで」と話し始めます。

「あだ名はコレラでした。豚コレラが流行してたから。豚は空を見られないって知ってますか?死を考えました。空も見られないなら。太っていると死ぬことすらできないんですね。その時からです、吐き始めたのは。死ぬ覚悟で絶食しました。死なない程度に食べる。満腹になると吐く。痩せたら周りから褒められるようになりました。気分が良かったし、自分でも満足でした。仕事も頑張って認められました」と。

話を聞いたジュヌンは「なのに苦しむ理由は?」と聞くと「もう人の目から逃げれたと思ったのに、太っても痩せても人に評価されるんです。何か食べようとすると、昔を思い出して吐いてしまう。永遠に出られない牢獄のようです。今の自分が大嫌いです」と言われます。

ジュヌンは一度席を外し、リョンたちの元に向かうと「行ってあげてください」と言います。

しかし、リョンから「いいえ、ジュヌンあんたが行って。あんたが連れてきたから任せるわ」と言われると「できますかね?」と言うものの「あんたらしくやって」と送り出されます。

再びイェナの元に向かったジュヌンは「妹も同じです。似た理由で苦しんでました。受験勉強で太ったんです。気にしないと思ってた。太ったせいで振られて、急に暗くなりました。そのうち元気になると思ってたけど、だめでした。人の視線が怖かったようです。あの時の妹と今のシン代理は似てます」と話すと、「私のせいだと?私は長い間、人に裁かれてきた。太ってたせいで世間の作った牢獄から出られなくなった」と聞かれ「確かに俺にはわかりません。シン代理を牢獄に閉じ込めたのは世間の人々かも知れない。でも、その牢獄に自分で鍵をかけてませんか?」と言います。

そして手を握ると「望まない体を維持するために頑張らなくていい。体は自分のものだから。自分が愛して大切にしないと」と伝えます。

その言葉にイェナは号泣し、ネガティブ度は下がります。

自殺の危険性がなくなったと判断したリョンは「後始末に」と言い、後日マンシクの元へ。

鉄拳制裁を喰らわせると「今後は人を傷つけるたびに腸がねじれて便意を催すわ。体で罰を受けるといい。残りの罰は死んでからのお楽しみね」と告げます。

それからイェナはボラムたちにアドバイスをもらい、元気を取り戻します。

後日、ジュヌンは事務所で作業してると、リョンに「心配なんです。手に負えない相手が現れたらと」と漏らします。

その言葉にリョンは「悩む必要ないわ。難しくても救わなきゃならない。現状を打破できるのは、自分自身だけよ。私たちは解決策を提示するより、慰めて励ましてあげるのよ。優しい言葉すら聞けない世の中だから。それにあんた1人でやるわけじゃないでしょ」と声をかけます。

明日第7話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

明日第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

明日第7話の感想と考察

今回ジュヌンたちはウイルスのせいで自殺予定者がわからない状態での捜査でした。手がかりが少ない中での捜査はかなり大変そうでした。

その中で4人の候補者を見つけ出します。ジュヌンは最初は明らかに心に闇を抱えていそうなボラムを疑っていたものの、実際には一番仕事熱心で能力が高いイェナが自殺予定者だったのでした。まさかの人物でした。

イェナは現在は痩せているものの、過去には太っていていじめられていた過去があったのでした。そのせいで食事をしないようになり、死なない程度に食べる生活を送っていたのでした。それでも周りから評価されることで、それが嫌になり自殺を考えるようになっていたのでした。

イェナは自分で自分を愛せないがあまりに、人の評価を気にしてしまい、現在の負のスパイラルに陥っているようでした。人から評価を気にしすぎて精神的に壊れてしまう典型的な例でした。

イェナが食べないことにリョンがいち早く気づいたことで、今回はなんとか救うことができたのでした。

そんなリョンは最後にイェナを説得するのをジュヌンに任せたのでした。リョンはジュヌンの人の心に寄り添い、心に語りかける能力をかっているようでした。

ジュヌンもリョンの期待に応え、イェナを説得することに成功したのでした。着実にジュヌンは走馬灯に入ってから成長しており、人の気持ちに寄り添えるようになっているようでした。

精神的に自分を追い込んでいたイェナの気持ちを解放させたのは凄かったです。自分で自分を追い込みすぎないことが大事だと教えられました。

まとめ

以上、明日第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「明日」のキャスト一覧はこちらをチェック!

明日(韓国ドラマ)のキャスト一覧(画像付き)!

イ・スヒョクのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』イスヒョクの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

キム・ロウンのその他の出演作品はこちらをチェック!

キムロウン出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。