海街チャチャチャ2話のあらすじネタバレ&感想考察!

海街チャチャチャ,2話,ネタバレ

スポンサーリンク


海街チャチャチャ第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

海街チャチャチャ第2話のあらすじネタバレ!

開業2週間前。

ドゥシクに連れられヘジンは建物の内見へ。さらに自分の家の内見も。

内見が終わると家主であるファジョンの元へ。しかしヘジンは「怪しいと思うのは私だけ?開業の話をしたらあなたを紹介されて見せてくれた部屋の家主は社長さん。騙そうとしてます?」と疑うとファジョンから「確かにそうかもしれません。お疑いなら街の人に確認を。詐欺はできない。そして国の仕事もしてます」と統長と書かれた名刺を渡されます。

納得したヘジンは契約することに。

そしてヘジンは帰ろうとするとドゥシクから「仲介料を払って」と言われ、仕方なく払うことに。さらにヘジンはドゥシクに家と医院の工事を頼むことに。

その夜、ソウルに戻ったヘジンはミソンにコンドンで開業することを伝えます。そして「短期間で働いて戻ってくるつもり」と伝えます。

後日、ヘジンは正式にコンジンに引っ越しを。

その夜、ドゥシクが転入の確認に訪ねてきます。ドゥシクは連絡事項を伝えると「医院の工事が終わったら連絡する」と言い帰っていきます。

翌日、ヘジンはランニングへ。医院の近くに寄ったヘジンは中を見に行くことに。すると、そこはすでにほとんど工事が終わっていたのでした。

その頃、ドゥシクは家に帰ると老人たちが。ドゥシクは石鹸を配ってると「さっき走ってるのを見たんだけど、奇妙な格好をしてたの。上はほぼ裸で下はピチピチの肌着だった」と聞かされます。ドゥシクは「運動用の服だ。最近はみんな着てる」と答え、その場を収めます。

午後、ヘジンの家にファジョンが。「明日コンジンの敬老祭があるんだけど、招待したくて。忙しくても寄って。挨拶しないと。宣伝もできるし」と誘われます。

翌日、ヘジンは敬老祭りに行くことに。

ヘジンは街の人たちと挨拶を交わしているとファジョンが現れ「不便なことがあったら言ってください」と言われます。ヘジンはここぞとばかりに苦情ばかり言ってしまうと、除け者にされてしまいます。

さらにドゥシクに「ユッケジャンはどう?」と言われるもののヘジンは「食べない。食べたくない。ホコリが舞ってる。人も多いし、不衛生な所で作ったものは食べない」と断ってしまいます。ドゥシクは「ちょっと待て。ユッケジャンが汚いと?小うるさいソウル人だな。もう少し丸くなれないか?」というものの「なぜ私が?」と言い返されてしまいます。ドゥシクは「ここに住むなら」と説明しようとするものの、ヘジンはミソンから電話がかかってくるとすぐに建物の中にいってしまいます。

ヘジンは部屋の中に入り電話をしながら「うんざりよ。ソウルにいればよかった。カフェをしてるおじさんがいるんだけど、無名の歌手なの。聞いてもないのに自分の話をしてくるの。私は今を見ずに過去の話をする人って卑怯で情けない」との悪口を。しかし、その会話が全てマイクに寄って街中の人に筒抜けに。

ヘジンは外に出ると街中の人から冷たい目で睨まれます。そしてチュンジェがどこかに行ってしまいます。

ドゥシクは港までチュンジェを追いかけ「大丈夫?気にするな。彼女は何も分かってない。気分転換に静かなところで酒でも?」と声をかけるものの、チュンジェは家に帰っていってしまいます。

その夜、ヘジンに家に宅配物を届けに来たドゥシクは「人より勝ってると?堅実な人生だろうな」と告げます。ヘジンは「昼間のことなら責められる筋合いはない」と突っぱねるものの、ドゥシクは「人をとやかく言うくせに自分は評価されたくないと?分かってないようだけど人生は公平じゃないんだ。わかるか?」と告げます。

ヘジンはイライラしていると、家にミソンが訪ねてきます。彼氏に浮気されたというミソンは住み込みでヘジンの歯科医院で働くことに。

そして開業初日を迎えます。しかし一向に客は来ず。

さらに街を歩いていても軽蔑の目を向けられてしまいます。

その夜、心配するミソンにヘジンは正直に何があったか話します。すると「個人医院はやっていけない。すぐにソウルに戻ろう」と言われます。しかしヘジンは「戻れない」と告げると、気晴らしにランニングへ。

スポンサーリンク


すると、ドゥシクに声をかけられます。「互いに慣れる時間が必要だ。人はみんな失敗する。意図的にマイクで流したわけじゃないし。気にするな。今後頑張ればいい。開業記念の餅は?」と言われたヘジンは翌日、餅を配りに行くことに。

その途中、子供たちと会うとハリネズミを飼ってほしいと頼まれます。ヘジンは断って帰ろうとするものの「言った通りでしょ。先生は思いやりがないって母さんが言ってた」と言われると、仕方なく飼うことに。

翌日、ドゥシクはヘジンの医院を尋ねると「全然ダメだな。餅を配ってやり切ったような表情をしてるな。不誠実だ。渋々店を回って来院してくださいと言ったんだろ」と告げます。ヘジンは「どうしろと?」と聞くと「来い」と言われます。

連れて行かれたのは町内会でした。

ヘジンは帰ろうとするもののドゥシクから「ずっと避けるのか?せめて謝れ。俺は忙しいんだ」と言われると仕方なく町内会へ1人でいくことに。

ヘジンは中に入るものの、嫌味を言われているとドゥシクが大量の荷物と共に「間食の準備をしてたから。これは先生の奢りだ。頼まれた、慣れない所で緊張して失敗した。謝りたいから間食の用意をと」と助け舟を出します。

そのおかげでなんとか溶け込むことに。

後日、大掃除の日。ヘジンはサボろうとするものの、ドゥシクに起こされ無理矢理大掃除に参加します。

その後、医院には初めての患者が。さらに次々と患者が

その頃、ドゥシクはチュンジェのカフェを手伝いに。ドゥシクは心配するもののチュンジェから「もう過去の話はしない。今を生きるよ。カフェの運営を頑張る」と言われます。

退勤後、ヘジンはチュンジェとすれ違います。ヘジンは「CDを聴きました。良い曲ですね。この前はすいませんでした」と正式に謝罪を。そしてドゥシクに岩場にいるという会いにいくことに。

ヘジンは「患者が来たのはホン班長のおかげだと思う」と感謝の言葉を話すものの「近くで話せ」と言われます。ヘジンは「登れない」というと、手を差し伸べられます。そして登ろうとすると、転びそうに。すると、ドゥシクに受け止められます。

海街チャチャチャ第2話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

海街チャチャチャ第2話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

海街チャチャチャ第2話の感想と考察

コンジンに引っ越しをしたヘジンにすぐに困難が待ち受けていました。ヘジンは自らのお高く止まっている性格が災いとなり街の人たちに不満をぶつけてしまいます。さらには内緒で話していたはずのチュンジェへの悪口が街中の人たちに聞かれてしまったのでした。医院を開く前にこの状況はヘジンにとっては最悪な状況に。口は災いの元とはこのことだと思います。

さらにヘジンは一切謝罪の言葉を言わなかったことで、軽蔑の目を向けられてしまっていました。あの状況で謝らないヘジンはかなり性格に問題があるように見えました。ヘジンが街に溶け込めるか不安に感じました。

そんな状況を見かねて助け舟を出したのはドゥシクだったのでした。2人はなにかと衝突しながらもドゥシクはヘジンのことを見捨てては置けなかったのでしょう。さらにドゥシクはヘジンに恋心を抱いているようなので、どうにか助けてあげたいという思いに駆られたのだと思います。

ドゥシクが助け舟を出したことでヘジンは街の人たちと仲直りをすることができ、さらに医院にも患者が次々とくるように。ドゥシクの街の人からの信頼度の高さが感じられます。これでヘジンはドゥシクに対して借りができたような気がします。これからの2人の関係性の変化に注目したいです。

そしてミソンも彼氏に浮気されたのをきっかけにヘジンのもとに。ヘジンにとっては嬉しいニュースとなりました。親友が来てくれたのはヘジンにとっていい影響がある予感がします。これからの医師としての活躍も楽しみです。

まとめ

以上、海街チャチャチャ第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です