海街チャチャチャ5話のあらすじネタバレ&感想考察!

海街チャチャチャ,5話,ネタバレ

スポンサーリンク


海街チャチャチャ第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

海街チャチャチャ第5話のあらすじネタバレ!

ヘジンは目を覚ますと横にはドゥシクの姿が。

ヘジンは黙ってドゥシクの家から帰ろうとするものの、家から出てくるところをナムスクに目撃されてしまいます。その噂はすぐに街中に広まってしまいます。

ヘジンは家に帰り、昨夜のことを思い出そうとするものの思い出せませんでした。思い出せないまま仕方なく出勤することに。

すると、ドゥシクとすれ違い、声をかけられます。街の人たちに見られていることに気づいたヘジンはドゥシクと朝食を食べに行くことに。

ヘジンは「できるだけ普段通りにして。噂が広まった。私たちが寝たって。一応聞くけど何もないよね?」と聞くと「あったよ。すごかった。まるでバラエティー番組みたいな酔い方だった」と答えられ、恥ずかしくなってしまいます。

その後、街中ヘジンとドゥシクの話題で持ちきりに。

食事を終えた、ドゥシクにコーヒーを誘われたヘジンは「私を好き?」と聞くものの「マジで不愉快だ。どんな思考回路ならコーヒー飲もうが好きになる?」と言われます。ヘジンは「違うならいい。間違いがないように確かめたいだけ。不釣り合いだもの。あなたと私では社会的地位が違う」と返すと「気の毒な人だな。そんなに気負って疲れないか?」と言われてしまいます。

医院に向かったヘジンはそのことをミソンに話すと、ドゥシクがソウル大学を出てると聞かされます。そしてドゥシクには大学卒業後、誰も何をしていたか知らない空白の5年間があると聞かされます。

ヘジンはその事実に驚いてしまいます。

その頃、ドゥシクは街中で写真と撮って回っていると堤防から落ちそうになっている男性を発見します。ドゥシクはギリギリで助け出します。

その男に「展望台へはどう行けば?」と聞かれたドゥシクは道を教えてあげることに。しかし、言った先から道を間違える男を心配してドゥシクは連れて行くことに。

さらに、腹が減ったと聞いたドゥシクは刺身店に連れて行くことに。

その頃、ヘジンはその日のことを忘れようと努力します。しかしドゥシクからかけられた言葉を忘れることができませんでした。

翌日、ヘジンは小学校へ講師として向かうことへ。家を出ようとすると体調を崩したミソンに「今日は行けそうにない。代わりの人を見つけておいた。行けばわかる」と聞かされ、1人で向かうことに。

すると、待っていたのはドゥシクだったのでした。

校舎へ向かう途中、ドゥシクはヘジンにぶつかると「ごめん、意味もなく近づきすぎた。俺の軽率な行動でまた誤解させちゃ悪いだろ。俺が君を好きなんて」と揶揄います。そして「言っとくが君に会いに来たんじゃない。バイトを引き受けただけだ」と告げます。

ヨングクも学校に行くとチョヒと顔を合わせます。ヨングクは「今日は参観に来たんだ。それと実は俺には息子がいるんだ」と話していると、息子のイジュンとともにファジョンが。イジュンから「担任の先生だよ」と言われたファジョンはチョヒと挨拶を。

その後、授業が進むと最後にヘジンは生徒からの質問に答えることに。

すると、生徒たちから「恋人なの?」「結婚するの?」と質問が飛んでしまいます。ヘジンは困りながらも「歯についての質問だけですよ」と言うものの「お父さんとお母さんが言ってた。歯医者さんとホン班長が一昨日の夜に」と続けられてしまいます。

そのタイミングでチャイムが鳴り、子供たちは外へ。ヘジンは命拾いします。

参観に来ていたヨングクはチョヒに優しくするものの、それを見たファジョンと険悪な雰囲気に。するとチョヒが「ファジョンさん、今週末に食事しませんか?3人で一緒に」と提案します。ファジョンは答えようとするものの、頬を抑え痛がります。

その様子を見ていたヘジンは保健室に連れて行き、診察することに。

スポンサーリンク


診察を終えたヘジンはドゥシクと一緒に帰ろうとすると、ドゥシクに手を差し出されます。ヘジンは「この手は?」と聞くと「バイト代。君が払うと言われた」と言われます。「現金がないから後で振り込む」と伝えると「飯でも奢れ」と言われ、食事に行くことに。

ヘジンは念のために隣町に行くことに。

ヘジンは「この前はごめんなさい。私が悪かった。社会的地位のこと」と謝ると「謝ることはない」と言われます。

そしてヘジンは「ところでソウル大卒なの?解いてみて」と気になっていたことを聞き、過去問を出します。ドゥシクはスラスラと解き続けます。

ヘジンは噂が本当だと信じるものの「この学歴でなぜこんな生き方を?真面目に努力した分、成果を得なきゃ。インプットしたらアウトプットしなきゃ」と聞きます。すると「そのアウトプットが金や成功なら俺は非効率的な人間ってことか。だからだめなんだ。視野が狭すぎる。金や成功以外にも価値のあるものは多い。人生は数学の公式じゃない。問題をどう解くかは自分次第だ」と言われます。

食事を終え、外に出ると雨が。ヘジンは傘をさそうとすると、ドゥシクに手を握られると、海に走り出します。

ドゥシクは「人生に突然の雨は付き物だ。傘をさしてもどうせ濡れるなら思い切って雨に打たれたらいい。一緒に遊ぼう」と言うと、2人は海で遊ぶことに。

ヘジンは「明日風邪を引くかも」と言うとドゥシクはヘジンのおでこに手を。ヘジンはその手の感触でドゥシクにキスをしていたことを思い出します。

そして「私たち、あの夜本当に何もなかった?」と聞くと「ああ、何もなかったよ」と答えられます。

海街チャチャチャ第5話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

海街チャチャチャ第5話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

海街チャチャチャ第5話の感想と考察

ヘジンとドゥシクは街中で噂の的となってしまいました。朝帰りする姿を見られてしまったら噂されるのも仕方ありません。さらに2人の雰囲気を見ていると痴話喧嘩をしているようにしか見えないので、周りが囃し立てたくなる気持ちもわかります。

ヘジンは思わずドゥシクに「私を好き?」と聞いてしまうものの、違うと言われたことに少しショックを受けているようでした。ツンツンした態度をとりながらも本当はドゥシクのことが少しずつ好きになっていたのでしょう。しかし、それに気付かれないように距離を取ろうとして話したのが社会的地位だったのだと思います。

しかし、ドゥシクがソウル大卒と聞いたヘジンは驚きを隠せませんでした。ただのフリーターと思っていたドゥシクが高学歴だったことが衝撃的だったのでしょう。

ドゥシクはソウル大卒でありながらこのような生き方をしてる理由を聞かれ「金や成功以外にも価値のあるものは多い。人生は数学の公式じゃない。問題をどう解くかは自分次第だ」と答えていましたが、まさしくそれがドゥソクの信念なのだと思います。

しかし、その反面でそれ以外にも今の生き方をしている理由があるように思います。精神科で悪夢にうなされていると話していました。ドゥソクの過去に何があって、なぜ悪夢を見るようになったのでしょう。もしかしたら空白の5年間に何かがあったのかもしれません。その理由が気になります。

そして最後のシーンでヘジンが酔った勢いでキスをしていたことが明らかになりました。それを思い出したヘジンはこれからどうドゥソクとの関係を変えて行くのでしょうか。

まとめ

以上、海街チャチャチャ第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です