ヴィンチェンツォ12話のあらすじネタバレ&感想考察!

ヴィンチェンツ,12話,ネタバレ

スポンサーリンク


ヴィンチェンツォ第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ヴィンチェンツォ第12話のあらすじネタバレ!

ヴィンチェンツォはジュヌに銃を向け撃とうとすると、そこに警察が現れヴィンチェンツォは連行されてしまいます。

ヴィンチェンツォが警察に連れて行かれたことを聞いたチャヨンはすぐに警察へ。担当検事となったイングクと会うと、模造拳銃だったことでヴィンチェンツォは殺人未遂ではなく、脅迫と判断されることに。

ヴィンチェンツォはジュヌに会いに向かう前に「ハンソクを殺しただけではバベルとの戦いは終わらない。ハンソク自身に存在を暴露させよう。まず、チョン検事を利用する」とチャヨンに作戦変更を伝えていたのでした。

そしてそれをイングクに話すと「次はあなたが奴を追い詰めて下さい。真の会長を捕まえたいのでは?6つの嫌疑で告発を準備中だそうですね。今度こそ手を組みましょう」と手を組むことに。そしてヴィンチェンツォは釈放されます。

その話がジュヌたちの耳にも届くと、ハンソはジュヌを父親の別荘に隠すことに。

翌日、ヴィンチェンツォはギルバートに会いに向かうと、金で買収しプラザに金が眠っているという話を揉み消します。

その後、事務所に戻るとハンソクの嫌疑について作戦を立てることに。そこに電話がかかってくるとハンソクが逃げ出したと聞かされます。

その頃、ウサンでもハンソクの嫌疑について会議を行うとミョンヒは「クラシックな方法で攻める」と主張します。ですが、スンヒョクは「時代は変わったんだ。まずはハンソ会長に交渉してもらおう」と反論します。ですが「誰につくか考えた方がいいわよ」と脅されてしまい、2人の間には険悪な空気が流れます。

ヴィンチェンツォたちはチャヨンの知り合いの弁護士を使い、ウサンの内情を聞くと2人が険悪であることを聞かされます。

そしてその日、バベル化学労働組合長に会ったミョンヒは条件を飲んでもらえないと見ると、トラックで組合長を轢き殺します。

翌日、そのニュースを見たヴィンチェンツォはそれに対し、やり返す意思を見せます。すると、そこに住人たちがやってきて「金探しでは手間をかけさせません」と言われます。

その話を初めて聞いたチャヨンとジュソンはヴィンチェンツォを問いただすと、ヴィンチェンツォは観念し暖薬寺の下にあることを明かします。そして仕方なく、ヴィンチェンツォはチャヨンたちとチームを組むことに。

その頃、スンヒョクは「国際安保情報院から流出した報告書を南東部地検が入手した。ギロチンファイルを?ハッキングされて紛失したのにあると装って非公開にしてたんだ。検察は大騒ぎだよ」とミョンヒに伝えます。

ギソクは国際安保情報院で話を聞くと、すぐにヴィンチェンツォたちの元に向かい「数年前、大統領から我々に命令が下りました。政財界や検察の不正を集めてファイルを作ったんです。それがギロチンファイルです。ところが大きな問題が起きました。1年後、中国の北龍会という組織のハッカーたちにファイルを跡形もなく抜き取られたんです。この事実を伏せたまま、非公開情報に分類して機密扱いにしました。我々は北龍会のボスを突き止めました。そして追跡していたところ、ボスはファイルを秘密資金と一緒に韓国に隠したんです。そして去年、心臓麻痺で亡くなった」と話ました。

その話にピンときたヴィンチェンツォは「そのボスの名前は何だった?」と聞くと「ワン・シャオリンです」と聞かされます。それは暖薬寺の下に金を埋めた中国人だったのでした。

その頃、ジュヌを猟に行こうと誘ったハンソは猟中の事故を装い、ジュヌを殺そうとします。1発撃った後にハンソはトドメを誘うとするものの、たまたま猟に来ていた他の猟師に会ってしまい、仕方なくジュヌを病院へ運ぶことに。

スポンサーリンク


ヴィンチェンツォもその報告を受けると「戦争が始まったということだ」と告げます。

病院に運ばれたジュヌは何とか一命を取り留めます。

目を覚ましたジュヌはミョンヒに「怖い夢を見た。名前のない墓地に葬られた。何とか助かったけど、夢で見たことが現実になると思う?」と聞くと、ミョンヒは「今こそ、決断を下す時です。このようなことがまた起こるかもしれません。名無しで死にたくなければ正体を明かして会長になるんです。これ以上は最大の弱点になります」と告げます。

ヴィンチェンツォはチョ社長に呼び出され「状況が厳しいんです。なので私の分だけでも金が欲しくて、300億ウォン」と言われると「まずは必要な分を取り出して話し合いましょう」と話します。

そしてヴィンチェンツォはチャヨンたちに相談すると、チャヨンのアイデアでプラザの住人たちに1泊2日の温泉旅行をプレゼントすることに。

ハンソは地域の議員や自治体のリーダー、地検長たちを集めてバベルタワーの建設へ力を貸してほしいと話していると、そこにジュヌが現れます。

ジュヌはそこで自分が会長であることを明かします。

翌日、ヴィンチェンツォたちはプラザの住人たちを追い出すと、暖薬寺の地下の金庫に入ることに。

たくさんの金を見て喜んでいると、チョ社長はヴィンチェンツォに銃を向けます。

ヴィンチェンツォ第12話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ヴィンチェンツォ第12話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ヴィンチェンツォ第12話の感想と考察

ヴィンチェンツォはジュヌに銃を向けていたものの、それは模造拳銃だったのです。ヴィンチェンツォは元からその場でジュヌを殺すつもりはなく、ジュヌに自らの立場を公表させることが目的だったようでした。やはり、ヴィンチェンツォは策士です。

そんな中、新たに今後重要な鍵を握ってくるであろうギロチンファイルの存在が明らかになります。その中にはバベルが隠し通したい内容も書かれているようでした。そしてそのファイルは暖薬寺の下の金庫に眠っているようですが、これをヴィンチェンツォは手にしてバベルグループを破滅へと追い込むことができるのでしょうか。

一方で、スンヒョクに唆され、ジュヌに反旗を翻したハンソはジュヌを殺そうとするものの、運悪く猟師に見つかってしまい仕留めることができませんでした。ある意味、この時がハンソがジュヌの上に立つ最後のチャンスだったのかもしれません。ジュヌもその猟師も殺す覚悟があればハンソは今頃、バベルの真の会長となっていたでしょう。

ですが、一命を取り留めたジュヌはミョンヒからの助言もあり自身がハンソクでバベルの会長であることを明かしました。ここから本格的にバベル側の悪行が増えていきそうです。

最後、ヴィンチェンツォとチャ社長は金庫をあけ金を発見するものの、チャ社長はヴィンチェンツォに銃口を向けていました。チャ社長は最初から独り占めするつもりだったのかもしれません。密室で銃を向けられてしまったヴィンチェンツォは助かることができるのでしょうか。

まとめ

以上、ヴィンチェンツォ第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です