ヴィンチェンツォ13話のあらすじネタバレ&感想考察!

ヴィンチェンツ,13話,ネタバレ

スポンサーリンク


ヴィンチェンツォ第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ヴィンチェンツォ第13話のあらすじネタバレ!

金塊を見つけたヴィンチェンツォでしたが、チョ社長に銃を向けられ「静かに私を見送れば何もしません。金を1つだけ持ち出します」と告げられます。

ヴィンチェンツォは反抗せず、自身も1つ金塊をもらうことに。

そして外に出たヴィンチェンツォは「欲しいのはギロチンファイルでは?その中にファイルはあるかな?」と言い、銃を奪うとギロチンファイルを奪い返します。

チョ社長の身分を聞き出すと国際安保情報の諜報員と聞かされます。さらにはワン社長を暗殺したことを聞かされます。

ヴィンチェンツォは「ファイルは情報院に渡す気がなく、報告もしてないだろ。他取引を?」と聞くと「決めてません。なぜファイルの存在を?」と聞き返されます。それにヴィンチェンツォは「俺の情報源は社長だけじゃないんだ」と返します。

そんな話をしているとチャヨンから住人たちがプラザに戻ってきたことを聞かされます。ヴィンチェンツォたちはすぐに隠蔽を図ることに。

なんとか隠し通すことができるものの、虹彩認識装置を中に入れたままにしてしまいます。

その頃、議員たちを前に演説していたハンソクの前に国際安保情報院の局長のジュンギが現れます。

その後、演説を終え、議員たちが帰るとスンヒョクがギロチンファイルのことを話し、グループ全体が揺らぐ恐れがあることを伝えます。すると、ジュヌはギロチンファイルを探すように指示します。

労働組合長の遺体を組合員が奪うというニュースが報じられます。しかし、その組合員の手にプラザを襲撃した輩と同じ双剣のタトゥーを見つけると、ヴィンチェンツォは先制攻撃を仕掛けることに。

その夜、ハンソはスンヒョクを呼び出すと「兄の標的になってしまった。俺にできることは何もない」と話します。それに対し、スンヒョクは「ここで一休みしてバカを助長させます。下心が全くないことを示すんです」と指示します。

それを聞いたハンソは居酒屋で酔っ払うと大暴れを起こし、警察で注意をされてしまいます。

翌日、ハンソクがCEOに就任することがネットで報じられます。それを見たヴィンチェンツォたちは翌日にハンソクを裁判に召喚することに。

そして企画チームが捜索されていないことを知ります。それを知ったヴィンチェンツォは御用組合をビジョン企画チーム長の忠臣を利用し、罠にはめることに。

双剣派を装いバベルの社員を誘拐すると、ヴィンチェンツォたちはその社員を使いチャンギに「明日まで20億を持ってこい。さもないと、企画チームからのメール、命令や不正行為をパクチーム長の分から暴露する」と脅します。

さらに、バベルから御用組合の委員長に送った労組の弾圧命令文を手に入れると、チョン検事の元に持っていきバベルの企画チームの家宅捜索を取りつけます。

翌日、ハンソクは裁判所へ出頭します。

チョン検事はヴィンチェンツォに前日「捜索前に条件がある。ウサンとバベルに捜索の噂を流してください。企画チームに資料を隠させるんです。目的は証拠の確保ではありません。労組潰しが会長の指示であることを立証するんです」と頼まれていた通り、取調べの際にハンソクたちに伝えます。

スポンサーリンク


すると、その連絡を受けたチャンギたちはすぐに証拠の隠蔽を始めます。チーム員たちはすぐに資料を隠蔽しようとするものの、地下に資料を処理しに行こうとした社員がヴィンチェンツォたちに捕まってしまいます。

その後、取調べを終えたハンソクは公演へ。

そして「我々は電気自動車の市場に進出します。バベル・モーターズのビジョンをご覧ください」というと映像が流れ始めます。しかしその画面にはチャンギが「労組を弾圧したのは会長の命令に従っただけだ」と話しているの映像が流れてしまいます。

その映像にハンソクが動揺していると2階座席に座席にヴィンチェンツォたちを見つけます。すると、ハンソクの上から赤いペンキが。

ハンソクはヴィンチェンツォたちの仕業だとわかると、ヴィンチェンツォたちを睨みつけます。

ヴィンチェンツォ第13話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ヴィンチェンツォ第13話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ヴィンチェンツォ第13話の感想と考察

チョ社長は本当は国家情報院の人間だったのでした。そしてギロチンファイルを狙っていたのでした。チョ社長はどことも組んでないと言っていましたが、何者かと密会していました。チョ社長が会っていたのは一体誰なのでしょう。もしかしたらハンソクかもしれないですね。

さらに、虹彩認識装置を中に忘れてしまったことで地下の部屋が再び開かなくなってしまいました。ギロチンファイルもその中に入ったままですが、ギロチンファイルを手にするのは一体誰になるのでしょうか。

ヴィンチェンツォはハンソクがCEOに就任をしたことで、更なる行動を起こし始めました。資料を調べた結果、怪しさがある企画チームをターゲットにしました。そしてチーム長のチャンギをうまく脅し、ハンソクが労組を弾圧した資料を手に入れることができました。周りから攻めるヴィンチェンツォのやり方はとても理にかなってると思いまうs。

ハンソクはモーターズを立ち上げようとするときに、ヴィンチェンツォによって労組を弾圧したことをばらされてしまいかなり動揺していたようでした。出鼻を挫かれてしまったことでかなりヴィンチェンツォを恨んでいるようでした。

ヴィンチェンツォとハンソクの争いが表面化したことで、これからさらに争いは過激になっていきそうです。ヴィンチェンツォがどこのタイミングでハンソクを仕留めにいくか注目です。

まとめ

以上、ヴィンチェンツォ第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です