ヴィンチェンツォ15話のあらすじネタバレ&感想考察!

ヴィンチェンツ,15話,ネタバレ

スポンサーリンク


ヴィンチェンツォ第15話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ヴィンチェンツォ第15話のあらすじネタバレ!

ヴィンチェンツォは銃を向けられ絶体絶命になるものの、危機一髪のところでインザーギと名前をつけていた鳩たちに助けられます。

その頃、海外出入金内訳が盗まれ脱税が暴かれそうになったハンソクはニューヨークへ出国の準備を整えることに。さらにはミョンヒのところに雇ったはずのマフィアたちが殺された写真が。

ハンソクたちはいち早くギャラリーから空港へ向かおうとすると、警察が現れハンソクは連行されていきます。

翌日、チョン検事は会見を開くと「今日は皆様に真実をお話しします。前会長時代、私は功名心にはやり過剰捜査をして左遷されました。その復讐心から根拠のない証拠でチャン会長を起訴しようとしました。本日をもってバベルの全嫌疑を取り下げ、捜査を終結させる予定です」と発言をします。

チョン検事は昇進を果たすためにハンソクにギロチンファイルのありかを明かす取引をしていたのでした。

その会見を事務所で見たチャヨンはすぐにチョン検事の元へ向かおうとするもののヴィンチェンツォは止めます。チャヨンに「怒りはないの?」と聞かれたヴィンチェンツォは「大いになるよ。慣れてるだけだ。大きな裏切りほど対処は慎重に」と伝えます。

その夜、チョン検事は家に帰るとそこにはヴィンチェンツォの姿が。

チョン検事は外にヴィンチェンツォを連れ出し「私が助かる道は?助けてください」と聞くと、ヴィンチェンツォは「好きにすればいい。全てを手に入れた時殺してやる」と脅します。

翌日、ヴィンチェンツォはチャヨンと出かけるとギョンジャと親子であることを見抜いていたことを聞かされ「私は他人の家の問題に介入するのは嫌いだけど、今回は特別。母親だと気づいていることを話してあげては?本当に時間がないわ」と言われます。

その後、2人はギョンジャのもとに。そして用意していたプレゼントを渡し帰ろうとすると、ギョンジャから「私の事件ですが、再審を請求したいです。本当はずっと請求を望んでました。でも勇気が出なくて躊躇ってました。ただ、勇気が沸きました」と頼まれます。ヴィンチェンツォたちは言われた通りに準備することに。

そして事務所に戻ったヴィンチェンツォはチャヨンたちにギロチンファイルを見せると「これは悪党が悪党の弱みを握るためのものだ」と告げ、内容を確認することに。

バベルとテチャン日報をターゲットに絞ると2社が潰し合うように戦わせることに。

そんな話をしているとハンソが事務所に現れます。ハンソは再びヴィンチェンツォに協力を要請するものの、ヴィンチェンツォは門前払いします。

その夜、ヴィンチェンツォたちはテチャン日報のオ社長の信用する霊媒師を脅すと、協力させるように言い聞かせます。

翌日、オ社長は霊媒師に連絡を取ると、その霊媒師から紹介を受け、ヴィンチェンツォが演じる霊媒師の元へ。

ヴィンチェンツォは信じようとしないオ社長を前に、オ社長が後継者争いの際に殺してしまった兄弟を憑依させたふりをしてオ社長を信用させます。

そして「バベルと決別しないと悲惨な死を遂げるぞ。バベルを徹底的に踏み潰す必要がある」と伝えます。

オ社長が帰った後、ヴィンチェンツォたちが事務所に戻るとジュソンはハンソクが4人同級生を殺していたこと、ハンソが麻薬に手を染めていたこととを父親のグクファンが全て金で解決していたことを話しました。

翌日、オ社長はヴィンチェンツォに言われた通りバベルを踏み潰す記事を書きます。

さらにその日もオ社長がヴィンチェンツォたちの元を訪ねてくると、ヴィンチェンツォは「お前の不幸の種はハンソクだ。奴の過去の悪行を公開し、犠牲者の魂を鎮めなければならない」と伝えます。

スポンサーリンク


その翌日、ハンソクが校内殺人の首謀者だったことが報道されると、すぐにテレビで取り上げられます。

その夜、ヴィンチェンツォはチョ社長にプラザの駐車場に呼び出されます。しかし、ヴィンチェンツォが向かうと何者かに襲われているチョ社長の姿が。

ヴィンチェンツォがそいつらを追い払うと「きっとチョン検事の使いです。実はここ最近悪い予感がしてました。彼がギロチンファイルに下心をもっているようで。ハンソクも知ってるでしょう」と聞かされます。

その頃、ハンソクとミョンヒはオ社長が裏切った裏にヴィンチェンツォがいる確信を掴みます。ギョンジャが母親で、その再審が行われることを知ります。

ヴィンチェンツォは部屋に戻ろうとすると、事務所に何者かが侵入している姿を目撃します。ヴィンチェンツォは屋上まで追いかけるものの、逃げ切られてしまいます。

ヴィンチェンツォは建物の中に戻ろうとすると、上からオ社長の死体が。そこに警察が現れるとオ社長殺害容疑で逮捕されてしまいます。

ヴィンチェンツォ第15話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ヴィンチェンツォ第15話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ヴィンチェンツォ第15話の感想と考察

ヴィンチェンツォはなんと絶体絶命のピンチを鳩に助けられました。鳩に親切にしていた伏線がここで回収されるのは驚きでした。たとえ動物でも大切にしなければいけませんね。

命拾いしたもののチョン検事に裏切られてしまい、ハンソクを逮捕することはできませんでした。さらにはチョン検事を信じ切っており、多くの情報を話していたことでその情報がハンソクたちに知られてしまいました。一気にヴィンチェンツォたちの形勢が不利になったようでした。

しかし、ヴィンチェンツォが一瞬の隙をついてギロチンファイルを取り出していたことで再びバベルを脅す資料を手に入れます。ハンソクたちの父親が殺人と麻薬の罪を金で隠蔽したことを使い、ハンソクたちを再び劣勢状態に陥れました。ギロチンファイルを使ったことでこのままバベルとハンソクたちを陥れることができるのでしょうか。

その一方でギョンジャの事件も再審になるようでした。そのことはハンソクたちの耳にも入りました。ハンソクはそのことを知りギョンジャに会いに行くようでしたが、ハンソクは何を企んでいるのでしょうか。ヴィンチェンツォに敵わないとわかり、母親のギョンジャに手を下すつもりなのかもしれません。今後、ギョンジャの事件の裁判がヴィンチェンツォ対バベルの鍵を握ってきそうです。

さらにその時、オ社長を裏で操っていたのがヴィンチェンツォだという証拠の写真も見ていました。まだプラザの中には裏切り者がいるような気がします。もし、本当にいるとしたらヴィンチェンツォたちを裏切り、バベル側についているのは一体誰なのでしょうか。

ヴィンチェンツォ対ハンソクの対決も終盤に差し掛かってきて、これからどのような展開になっていくのか楽しみです。

まとめ

以上、ヴィンチェンツォ第15話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

16話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です