ヴィンチェンツォ17話のあらすじネタバレ&感想考察!

ヴィンチェンツ,17話,ネタバレ

スポンサーリンク


ヴィンチェンツォ第17話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

16話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ヴィンチェンツォ第17話のあらすじネタバレ!

ヴィンチェンツォは銃を持ってハンソクの家に乗り込むと「今まで大勢を殺したお前らをなぜ生かしたと思う。面倒だからだ。お前らを殺すと俺のやることがスムーズに進まない。こんな雑魚とは話が違うからな。でもお前は死ぬべきだ。でも今日じゃにあ。今後2つ与えてやる。死より辛い羞恥心。そして苦痛がじわじわと増す死を」と告げ、帰ることに。

しかし、引き返すと「手始めにこれを」というとハンソクの右耳を打ち抜き、去っていきました。

その後、病院に戻ったヴィンチェンツォはギョンジャの亡骸を見て、その横で涙を流しました。

数日後、ギョンジャの埋葬が終わるとヴィンチェンツォはチャヨンに「俺と会わなければもっと生きられたのに。この先俺が生きるのは後悔という地獄だ」と弱音を吐きます。それを聞いたチャヨンが「違うわ。あなたはお母様に永遠の幸せを送ったの」と励ますと、ヴィンチェンツォは再び涙を流しました。

その翌日、チョ社長に「ハンソクとチェ弁護士だけ簡単に片付けては?」と言われたヴィンチェンツォは「これはチェスゲームだ、今日は兵隊を動かす」と告げます。

そしてヴィンチェンツォはプラザに向かうと店は全て休業になっており、集まった住人たちから暖かく迎えられると「バベルを潰します」と励まされます。

その後、チャヨンと話し合いをしていたヴィンチェンツォは「タワーを潰すついでに1人でも多くのクズを埋めてやる」と宣言します。

その夜、バベル主催のVIPを集めたバベルタワの設立を祝うパーティーが。そこでは分譲権の譲渡会が。そこにはプラザの仲間たちが潜入します。

そして会場に1人の男が潜入すると、腰につけた爆弾を見せ「私は脅迫されています。チェ弁護士助けてください。誰かが逃げれば爆発します」と告げます。その男はユチャンを殺した張本人だったのでした。

さらにバベルが用意したはずのケーキの中にある爆弾を見せると「私の指示に皆さんが従えばこの爆弾は止まります」と告げます。

しかし、その爆弾はヴィンチェンツォたちが準備した偽物の爆弾だったのでした。

そしてその男は「分譲を受けた人は作成した誓約書を破棄し会長との縁を切るとひざまづいて誓うんです」と告げるものの、偽物じゃないかと疑いの目を向けられてしまいます。

すると「信じないなら証明します。5秒後にあのミニタワーが爆発します」といい、カウントダウンをすると男の爆弾が爆発し、そのまま死んでしまいます。

会場内は爆発のせいで大パニックに。すると全員の携帯に「ケーキの中の爆弾は部屋を吹っ飛ばせる、部屋の様子は撮影してる。死んだ彼の指示に従うように」とメッセージが。

それを受けたVIPたちは指示に従いました。

翌日、ヴィンチェンツォはプラザの住人を集めると「皆さんも外で戦いましょう。私が掴んだ先方の弱点を武器にします。相手の地位に萎縮しないこと。強引に上から目線で」と指示し、パーティーに参加したVIPの元にパーティーの映像を持ち向かわセルことに。

そしてプラザの住人たちはクムガプラザ周辺の再開発を根本から白紙にさせようと動き出します。

その頃、ハンソクはハンソを呼び出すと「バベルバイオをお前が立ち上げろ」と指示を出します。

スンヒョクは先輩であるキム室長伝いびスンジュン議員の元へ。敷地の下に金とギロチンファイルが埋まっており、ヴィンチェンツォがそれを握っていることを話します。

それを聞いたスンジュンが頭を抱えるとスンヒョクは「私が先生を守る盾になります」と言います。それを聞いたスンジュンは「その盾を得るには何をすれば?」と聞きます。

スポンサーリンク


ヴィンチェンツォはギロチンファイルの中でIUDCという革新都市開発公団の名前が頻繁に出てくること。そして次期大統領候補のスンジュンの義理の兄がIUDCの代表であることを聞かされます。

その夜、ヴィンチェンツォたちの元に対外安保情報院のテ局長が。

テ局長はヴィンチェンツォの指示でバベルグループの弱みを握るために潜入捜査をしていたのでした。

その頃、バベル側を訪れたキム室長はスンヒョクが南東部地検長になりミョンヒがウサンの代表になるのはどうかと意見します。それを聞いたハンソクが反論するとキム室長は「父親を毒殺したのに生意気だな。ついでに言うが副会長がまた会長に戻ってはどうかな」と意見します。

それに言い返すことができませんでした。

その後、ハンソとスンヒョクは一緒に飲みに出ると「24時間以内にインターポールに逮捕される」と聞かされます。

翌日、ハンソはヴィンチェンツォに電話すると「至急相談があります」と呼び出します。

スケートリンクにヴィンチェンツォが現れるとハンソは「お遊びはもう終わりだ」と告げ銃を構え振り向くと、そこには銃を構えたヴィンチェンツォが。

2人が銃を構え睨み合っていると、そこにインタポールが。

「銃を下ろせ」という指示を無視しているとヴィンチェンツォは肩を撃たれてしまい、倒れ込んでしまいます。

ヴィンチェンツォ第17話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ヴィンチェンツォ第17話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ヴィンチェンツォ第17話の感想と考察

ヴィンチェンツォはハンソクに宣戦布告すると、復讐に向けて今まで以上に過激なことを始めました。まさかあの場でハンソクの耳を撃ち抜くとは思いませんでした。本気度を感じました。

さらにヴィンチェンツォたちにプラザの住人たちも協力を誓ったことでヴィンチェンツォは使える駒が増え、さらに動き訳すなったと思います。

手始めにバベルタワーの建設許可を白紙に戻させ、プラザ周辺の警備を強化しました。これでバベルの計画をひとまず遅らせることに成功します。ここまでのレベルだと今まででもあったように思います。VIPたちの弱みを握ったことで、どのように次なる一手を打つのか注目です。

さらにヴィンチェンツォはテ局長をうまく利用して、バベルの弱みを握ろうとしていたのでした。まさか安保情報院の局長をヴィンチェンツォが利用しているとは驚きでした。しかし、そのおかげでバベル側が賄賂でさらなるVIPたちを買収していようとしていることが明らかになりました。

一方、バベル側はスンヒョクが次期大統領有力候補のスンジュンを抱き込んだことでハンソが代表になり、スンヒョクは地検長へ。バベル側でも一気に内部分裂が始まりました。スンヒョクにとっては逆転の一手を取ったという気分だと思います。しかし、ハンソクがこれで折れるとは思いません。ここからどう反撃してくるか楽しみです。

最後、ヴィンチェンツォは追い込まれたインタポールに肩を打たれ倒れてしまいました。本当に打たれてしまい逮捕されてしまうのか、それともこれも作戦の1つなのか。どういう展開に進むのか期待です。

まとめ

以上、ヴィンチェンツォ第17話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

18話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です