ヴィンチェンツォ19話のあらすじネタバレ&感想考察!

ヴィンチェンツ,19話,ネタバレ

スポンサーリンク


ヴィンチェンツォ第19話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

18話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ヴィンチェンツォ第19話のあらすじネタバレ!

ヴィンチェンツォはスンジュンの手下たちの多さに手を焼くものの、プラザの住人たちの協力によってどうにか全員を倒すとソンジュンから「話をしよう」と持ちかけられます。

しかし後ろから近づいてきたチャヨンがスンジュンに木片を振りかざし気絶させます。

その後、一段落しているとチョ社長から「一目がある中、金をどこへ移しました?」と聞かれます。

事前に暖薬寺の住職たちは地下に金が埋まっているのに気づいていたのでした。その話を聞かされたヴィンチェンツォはミリにも協力を頼み、チョ社長たちと事前に金を移していたのでした。

ジュソンは耳打ちで金の隠し場所を教えると「ギロチンファイルもそこに?」と聞かれます。それにヴィンチェンツォは「時が来たら公開します」と伝えました。

その後、チャヨンはあまりにも早い帰還に「カサノ家の問題は?」と聞くと、ヴィンチェンツォは金を払ったことを教えます。

翌日、ギロチンファイルに記載されていたスンジュンの悪事が全てバラされてしまいます。それでヴィンチェンツォたちはバベルタワーの裁判を起こすつもりが、南東部地検の妨害によって大統領選後まで延期されるという通知が。

ヴィンチェンツォは「低俗で卑劣にいこう。ギロチンファイルを使おう」というと南東部地検の悪事を利用することに。さらにイングクが部長に昇進したことを知ります。

その後、ヴィンチェンツォとチャヨンは一緒に出かけるとチャヨンが「全てなりとげて出国したら戻るのは難しいわね」と言います。するとヴィンチェンツォは「俺はビジネス以外で約束したことない。でも約束する。必ず戻ると」と約束を。

ギロチンファイルを使ったことで裁判は予定通り行われることに。そのことはバベル側にも報告されます。

その夜、ヴィンチェンツォはホ判事を誘拐すると「ハンソクの裁判も担当か?いつも通り彼を擁護して早く釈放してやれ」と指示します。

後日、クムガプラザへの損害賠償を請求する裁判が行われることに。

ヴィンチェンツォは証言台へ。ヴィンチェンツォは映像を流すことに。すると、ハンソクの家で賄賂を渡す映像などをハンソクたちにモザイクをかけて流します。その映像を見たミョンヒは衝撃を受けます。

その夜、ミョンヒはスンヒョクと一緒に飲みに行くと「今度私とハンソク会長に迷惑をかけたら命はないわよ」とスンヒョクたちと決別することに。

裁判翌日、バベルのプラザ所有権は抹消登記手続きに入ると報道されます。

ヴィンチェンツォはハンソクと面会に向かうと「言葉だけじゃ実感できないと思って」というとバベルタワーの模型を壊した写真を見せます。そして「タワーは崩れた。次は何かな」と告げます。

その夜、ヴィンチェンツォはハンソと食事に向かうと「数ヶ月海外に隠れてろ。ハンソクはまずお前を殺すだろう」と警告します。しかしハンソは「大丈夫です。命がけで始めたから。俺は戦う」と断ります。

さらに翌日、チャヨンにも「ハンソクを始末するときは抜けてもいいよ。悪魔になるんだ、あなたにはその一線を越えて欲しくない」というものの、チャヨンも「なぜあなたに従ったと思う?その方がいいと思ったからよ」と断ります。すると、チャヨンの元にイングクが映像に映っていた全員釈放したと連絡が。

その頃、ミョンヒはスンジュンに会いに向かうと「ハンソク会長を釈放してください。私が全ての罪を被り刑務所に行きます」と告げます。

ヴィンチェンツォはイングクに会いに行くとイングクを始末します。

翌日、ミョンヒはハンソクに会いに行くと自らが全ての罪を被ること、ハンソがヴィンチェンツォ側についたことを伝えます。すると、ハンソクから「条件がある。できるだけ早く出してくれ、1人で」と言われます。

スポンサーリンク


その頃、ヴィンチェンツォたちにもミョンヒが逮捕されたという連絡が入ります。

そしてハンソクは釈放されます。

その後、ミョンヒはヴィンチェンツォと別れ、友人に会いに行っていると何者かに誘拐されてしまいます。

その夜、ハンソクはハンソの元へ。「愚かな裏切り者め」というハンソクにハンソは「バベルを正したいだけです」というとハンソクは銃を見せます。そして「もう生かしておけない。わかるよな?」と告げると、ハンソは「ええ、父さんと同じ運命ですね」と言います。するとハンソクに銃で殴られます。

ヴィンチェンツォは部屋にいると何者かに囲まれていることに気づきます。恐る恐る外に出ると茶封筒が。中には血に染まったチャヨンのピアスが。

ヴィンチェンツォはすぐにハンソクの元へ。

ヴィンチェンツォは「俺たち全員殺せば生き残れるとでも?よく考えろ。どうせお前は死ぬ」と告げるものの、ハンソクは「だとしても先にお前が死ぬのを見たい」というと、ハンソにホッケースティックを投げ「カサノを殴り殺せば生かしてやる。しかもバベル製薬も化学もやる」と告げます。

それを聞いたヴィンチェンツォは「指示に従え」とハンソに告げると、ハンソは「すみません。ヴィンチェンツォ弁護士。だから後悔のない道を選びます」と言いハンソクに殴りかかります。

ヴィンチェンツォはその隙にチャヨンを連れて逃げ出そうとするものの、ハンソクはハンソを振り払うと銃を放ちます。

その球はチャヨンの肩へ。

ヴィンチェンツォ第19話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ヴィンチェンツォ第19話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ヴィンチェンツォ第19話の感想と考察

暖薬寺の人たちはすでに自分たちの寺の地下に金があることに気づいていたのでした。そしてそれを聞いたヴィンチェンツォたちが先に金の場所を移動させていたのでした。そのおかげでスンジュンたちに盗られることがありませんでした。暖薬寺の人たちのおかげで防げた事態でした。

ヴィンチェンツォの急な帰還に驚きましたが、まさか多額の手切金を払っていたなんて驚きでした。それだけヴィンチェンツォはバベルの事件、そしてチャヨンを守るために韓国に残りたいという思いがあったのでしょう。

その思い通りギロチンファイルを使い、バベルタワーの計画は白紙に戻させます。ギロチンファイルの力がここまでのものとは思いませんでした。しかし、プラザが壊されることなく済んだのはよかったことだと思います。住人たちの勝利とも言えるでしょう。

次はハンソクの始末と思われていたものの、ミョンヒが知恵を働かせ、自らが罪を被ったことでハンソクが釈放されてしまいます。ヴィンチェンツォもここまでは読めなかったでしょう。

その結果、チャヨンとハンソが拉致されてしまいます。ハンソもハンソクについに造反し殺しにかかるものの、反撃されてしまい、さらにはチャヨンもハンソクの放った銃で撃たれてしまいます。

ヴィンチェンツォはものすごい剣幕を浮かべていましたが、越えてはならない一線を越えてしまったハンソクにどんな報復を食らわせるのでしょうか。最終回、どうなるのか楽しみです。

まとめ

以上、ヴィンチェンツォ第19話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

20話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です